制御盤情報の提示巡回の自動化

解決

お悩み

自動車関連の製造業ですが、製造品質のバラつきを無くすために制御盤に表示される温度・圧力・電流値などのセンサー情報を定期的に循環して点検表に記入しています。
広い工場を巡回するのは大変でさらに、記入忘れや誤記入もあるので集計作業も大変です。

FLEXDOORでの解決法

用意するもの

・制御盤の既設センサー 制御盤の計測したいセンサーの出力仕様を確認します。出力方式が「4-20mA・1-5V・Modbus RTU」のいずれかであれば、FLEXと接続可能です。
定期的にデータを計測するだけではなく、クラウドで上限値・下限値を設定して異常を検知できます。異常を検知した場合は、パトライトやメールでお知らせします。
インターネットが繋がる環境ならどこからでもリアルタイムに情報や過去データを確認できます。
センサー情報は、自動的に集計されますのでグラフ表示やCSV出力ができます。
異常発生時の初期対応時間の短縮と警報の発生前後のセンサー情報から以上に至る原因を推定するのにも役立ちます。